ユアマイスター株式会社エンジニアブログ

ユアマイスター株式会社のエンジニアが日々徒然。

PHPカンファレンス2018で登壇しました「レビューで 初心者インターンを 一人前に育てた話」 #phpcon2018

f:id:yourmystar_engineer:20181217182307p:plain


この記事は ユアマイスター Advent Calendar 2018 18日目の記事です。


こんにちは。ユアマイスター 星(@inase17000)です。

yourmystar-engineer.hatenablog.jp

上記告知でもお伝えしていたとおり、PHPカンファレンス2018 で登壇してきました。

phpcon.php.gr.jp

会場スタッフの機敏な運営や、事前連絡のおかげでカンファレンス自体もすごく楽しめました。関係者の皆様お疲れ様でした。

はじめての経験も多数あったため備忘のためにアウトプットしておこうと思います。

月1回ペースでは人前でアウトプットするぞ!

当日の発表資料はこちら

主に、インターンと働いている/働きたいと思っている人に向けてお話しました。結果、めっちゃ楽しい一日だったという。

プロポーザル応募にあたって

意識したことは、

  • できるだけ狭い話にする
  • 抽象的な話と具体的な話を織り交ぜる

ということを念頭に、自分が持ち合わせているネタを組み合わせて考えました。

私はユアマイスターというスタートアップでCTOをしています。弊社の特徴としてインターンの数がとても多いということが挙げられます。インターンで採用する際、ほとんどがプログラミング初心者です。そこから何を教え、どんなプロセスを経ることで、社員エンジニアと同じくらいの戦力にできたかを事例を含めて紹介したいと思います。インターンを増やしたいと思っている方向けのお話です。

自分にとって当たり前のことでも、他人にとっては当たり前ではない。プロポーザルも出してみないと受かるかどうかの土俵にのらない(=宝くじも買わないと当たらない)。ということを言い聞かせながら自分の背中を押して出した記憶があります。

今回出してみてたまたま採択となったため、あまり気にはしていなかったのですが、周りの発表をされている方たちのタイトルを見ているとやはりカンファレンスの名前にもなっているPHPPHPを使ったフレームワーク、またはPHPで作ったアプリケーションの苦労話といった内容が多かった印象でした。

エンジニアならばやっぱり技術的なことで人前で話してみたい、という欲はありますが、実経験を踏まえて成功体験や失敗体験を話せるよう今後の糧にしようと思います。どんな仕事も「これ登壇のネタになるかも・・・」という観点で常に感度高くい続けます!

発表日前日〜当日

他の発表者の方々の動きを見て気づいたのは、皆さん事前に発表資料をspeakerdeckなどにアップロードし、Twitterハッシュタグつきで公開していました。

当日発表を見に来てくれた方々に余計なメモを取らせない心遣いなのだと思いますが、自分も過去のイベントのことを思い出しても

「この発表の資料公開されるのかな・・・」

と心配になり、メモを取ることに必死になってしまい本筋の話の面白いところを聞き逃す(または、流れに乗り切れない)ということが多々ありました。

うまい会議のファシリテーションと同じ話だと思いますが、やはり事前にアジェンダは参加者に伝えた上で、リアルタイムの熱やプレゼンテーションの面白さを楽しむほうが発表者としてレベルが高いなと感じたため、今後そのような準備をしようと心に決めました。

用意周到なプレゼンテーションに人は引き込まれるのは真理だと思います。

反省点

PHPカンファレンス2018の前日に参加したEngineering Manager Meetup #3での発表を見て感じたことを自分の発表には活かしきれなかったと感じています。

  • 体系だった話をするために、学術的な理論やメジャーな本を参照元とすること
  • 自分の言葉で例え話をするときには、完結に強烈なインパクトのある言葉にすること
  • ユアマイスターだから特殊な話なのか、他のチームでも転用可能な一般的な話なのかを明確に語ること

準備の残り時間が足りなく反映しきれなかった部分はありますが、この経験を今後のネクストアクションにつなげていこうと猛省中です。

今後の自分

発表することをマイルストンとしてインプットや振り返りをすることに完全にハマってしまったかもしれません。2019年の目標に確実に本を読むことだけではなくて、毎月発表する機会を作れるように真剣に検討しようと思います。

これまでの自分の話をする場というわけではなく、今後自分が身につけていきたい/プレゼンスを発揮していきたい領域に敢えて踏み込む姿勢も大事だと痛感しました。恥ずかしがって機会を逃し続けていられるほど、人生は長くありませんね。明確なゴールがないからこそ、自分で目標とする像を決めて、自分でマイルストンを置く。その活動を絶やさずしていこうと一層気合いが入りました。

P.S. 拙い話を聞きに来てくださったみなさん、ありがとうございました。

ふぅ。

以上、よろしくお願いします!