ユアマイスター株式会社エンジニアブログ

ユアマイスター株式会社のエンジニアが日々徒然。

Engineering Manager Meetup #3に参加してきた #em_meetup

f:id:yourmystar_engineer:20181216183157p:plain

こんにちは。ユアマイスター 星(@inase17000)です。

Engineering Manager Meetup #3に参加してきたので、感じたことを書いておきます。非常に刺激的なイベントでした。(写真とるの忘れた...)

engineering-manager-meetup.connpass.com

tsuyoposo 20min 「心理的安全性の育て方」

チームの中でリスクがあるかもしれない発言や行動を取る際に、ハードルがあるかないか。それが心理的安全性の定義。

原因は、

  • 無知だと思われる不安
  • 無能だと思われる不安
  • ネガティブだと思われる不安
  • 邪魔をする人だと思われる不安

に分類できる。(わかるわー、人間らしい人ほどそれ気にする。)

内容については、資料を見ていただくか本を読んでいただくかがいいと思うので自身の目で確認お願いします。

今回のお持ち帰り事項

unlearned 20min 「クライシスマネジメント/会社統合時にEMができること」

たぶん資料は公開されないだろう内容が多かった。

フリルが楽天に買収されてチームがマージされたり経営層が抜けていく中でたいへんな経験をされていると思うが、その時々で自分の言葉でチームを鼓舞している様子がかなり刺さった。

ぶっちゃけ一番刺さったのが、unlearnedさんとの出会いだったかも。かなり特殊な経験をされているから興味が湧いたというのもありましたが、何より

この一言が本当にそうだなあと思いました。

別に免許とかは持っていなくていいと思うのだけど、マネージメントを真剣にやろうと志しているのであれば、それに対して真剣に学ぶ・体系的に学ぶということをやってみてからではないと見えない世界がありそうだなと強く感じました。

現場が一番の学び舎でしょうけどね!

今回のお持ち帰り事項

ggtmtmg 10min 「CTOがマネジメント周りで
起こした問題まとめ
 2018」

意外と介入しないとチームが自律しようとバランスが働いてうまくいっている、というお話でした。

部分的にはそういうこともあるかもしれないが、難易度高い〜レベル高い〜話だった印象。

一方で、「中間を担う者が中途半端に解決することによって、トップと現場の間に起こる問題が隠蔽化される」という話は結構想像がついたので、気をつけねばならないなと感じた。

  • 情報を見える化し、情報の非対称性を取り除くこと
  • 問題の構造を示し、チームで解決に導くこと

そんなことを大事にしながら、丁寧に仕事を進めていこうと思った。

yunon_phys 10min 「エンジニアリングマネージャーの役割を再定義してみた」

ほとんど言いたいことはブログに書いたとのこと。 Engineering Managerをエンジニアのマネージャーとするのはやめませんか? - Unknown Error

本当にそのとおりだったw

いつもEM.FMで聞き慣れてる声だったので、耳には慣れてて心地よいものでした。

なんか発表があるとき、事前に長文のブログにしたためておいて、それをみんなに読んでてきてもらってから、部分抜粋で例に挙げながらしゃべるのってめっちゃ効果的だなと思った。時間も効率的に使えるし、具体的な話はブログに文章にしておけば理解も助けられる。(そして、資産になっていくのもいいなと思う)

今回のお持ち帰り事項

taiki-t 20min 「チームの効果性について定量評価の試みと施策決め」

Reproの方がチームを良くしていこうというときに、1on1で聞き取った定性的な情報だけではなく、「エンジニアらしく」定量的に評価したいと思った結果、アンケートを作って対策を考えた、という話。

アンケート項目については、30個くらいあったので多いなーという印象だったが、それぞれ5段階評価のアンケートなので、回答はそんなに手間じゃないのだろう。

自分たちでも同じようなことをやろうとしたときに、何を参考するかなと想像してみたけどGoogleの「re:Work」は思いつかないところだったのでめっちゃハッとした。今後はチームのことで迷ったら、「re:Work」も覗いてみようと思いました。

今回のお持ち帰り事項

今日出てきて後で読もうと思った本シリーズ

いや、ほんと、これら年末年始じゃ絶対読み終わらないので、ちょっと優先順位と時間を決めてちょっとずつ続けていこうと思う。

「エンジニアリングを勉強してないエンジニアを信じないと同じで、マネジメントを勉強していないマネージャーを信じちゃだめ」

マネジメント("管理"じゃなくて、"なんとかする"仕事)について勉強をちゃんとしていこうと思う。難しいことを難しく考えるのではなくて、シンプルに説明したり実践したりできる存在でありたい。開発はやっぱりどこまで言っても理論だけではなくて眼の前で動くものを作り上げてナンボだと思うので、そこにつながるチームであり続ける。

そのためには独自のやり方だけではだめで、先人たちの知識を取り入れながら無駄なトライをなくしていく努力はしていこうと思う。

チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

ワインバーグのシステム思考法 ソフトウェア文化を創る〈1〉

ワインバーグのシステム思考法 ソフトウェア文化を創る〈1〉

ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

事業大躍進に挑む経営者のための「クライシスマネジメント」

事業大躍進に挑む経営者のための「クライシスマネジメント」

改訂 エンジニアリングマネジャー―強き技術系管理者への道

改訂 エンジニアリングマネジャー―強き技術系管理者への道

【新版】組織行動のマネジメント―入門から実践へ

【新版】組織行動のマネジメント―入門から実践へ

組織パターン (Object Oriented SELECTION)

組織パターン (Object Oriented SELECTION)

エンジニアのためのマネジメントキャリアパス ―テックリードからCTOまでマネジメントスキル向上ガイド

エンジニアのためのマネジメントキャリアパス ―テックリードからCTOまでマネジメントスキル向上ガイド

そして、Googleのre:Work。

rework.withgoogle.com

以上、ミートアップのメモとちょっとした感想でした。本読むぞ!