ユアマイスター株式会社エンジニアブログ

ユアマイスター株式会社のエンジニアが日々徒然。

【エンジニアインタビュー #4】部活にかけた4年間の後は開発にチャレンジするエンジニア大吾

f:id:yourmystar_engineer:20181025083040j:plain

みなさんこんにちは。

ユアマイスターインターンのロンポーです。(小籠包に似ているのでロンポーと呼ばれています)

ユアマイスター株式会社は、世界中・日本中の皆様から応援される会社を目指しています。インターン生も多く在籍していて活気のある会社です。

そんな会社のエンジニアは、「どんな人なのか」「どんな仕事をしているのか」「どんな環境で働いているのか」ということを世の皆様に知っていただくため、記事にしました。

全10回でお届けする予定です!エンジニア/デザイナーの社員・インターンみんなにインタビューしたのでぜひご覧ください。

前回のインタビューの様子はこちらからご覧ください。

yourmystar-engineer.hatenablog.jp

がっつり体育会系の学生生活

6人目のインタビューは大吾さんです!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

突然ですが、大吾さん、いい体つきですね(笑)

よく言われます、部活のラグビーと登山で培われたカラダです(笑)

おー、つまり体育会系エンジニアってことですね(笑)

そうですね(笑)

そんながっつり体育会系の大吾さんですが、なぜエンジニアインターンを始めようと思ったんですか?

大学4年生になって今更ですが、大学生活の中で何か一生懸命に頑張れるものが欲しかったからです。情報系の学部に所属していて、プログラミングに関してもとりあえず単位が取れたらいいやという程度でした。大学院へ進学する予定で、就活まで時間もあったので大学4年生という他のインターンよりも少し遅いタイミングではありましたが思い切ってユアマイスターに応募しました。

f:id:yourmystar_engineer:20181023135456j:plain 学生生活ではラグビーに打ち込んだ相川さん。

勉強会は積極的に活用したいポイント

普段ユアマイスターでやっている仕事を詳しく教えてください。

あなたのマイスターのバグの修正や細かな機能の調整を行なっています。

大吾さんは、私と同じ日にユアマイスターにジョインしましたよね!だからジョインして3カ月たちますが、働いてみてどう感じていますか?

まだまだわからないことだらけですが他の先輩インターンや社員の方に質問するとびっくりするくらいわかりやすく教えてくれます。初めは自分もあんまり質問すると相手の手を止めてしまうので迷惑になるかもしれないと思い、ためらっていましたが、いざ質問してみると快くとても実りのある説明を返してくれるので積極的に質問できるようになりました。

誰もが快く教えてくれる環境ですよね!

わからないことも自分の作業を止めて一緒に悩んでくれます。それに、教えてくれるだけではなくて、自分が教える場もあるんです。

というと?

定期的にエンジニア勉強会を開いていて、インターンが講師になって、いろいろなテーマで個人の知識をアウトプットするという場です。発表するために自分で勉強するし、間違った理解をしていたら指摘してくれる人もいるので、この環境を活かすべきですね。

2018年9月の活動報告 - ユアマイスター株式会社エンジニアブログ でもお伝えしていますが、例えば先月であればフロントエンドや外部APIの使い方など、各自の業務で携わった知識を披露しあいます。

各自のレベルに依存するところはありますが、できるだけ自分ができることだけではなく、新しい領域を学び他人に説明する機会として使ってもらえるように勉強会が始まったと聞きました。

よく初心者だったり自分よりも詳しい人がたくさんいる環境だと

  • 「こんなことを勉強会しても意味ないんじゃないか」
  • 「誰かにミスを指摘されたら恥ずかしい」

と、アウトプットをやらない理由を見つけがちなエンジニアに、積極的に開発に関わってもらおうと勉強会には社員も参加します。

インプットをいっぱい得たければ、その倍アウトプットする。そんな意識でエンジニアの皆さんは成長に向き合っているのが印象的でした。

個性的な人が集まる場所で、刺激をもらえる

ユアマイスターには、さまざまなバックグラウンドを持った社員・インターンがいます。体育会系エンジニアの大吾さんから見て、ユアマイスターの人たちはどうですか?

社員もインターンも癖の強い人が多いです(笑)自分とは全然違う考え方をもった人も多くて、今まで通り漠然と生きていたらきっと触れ合うことのなかった人たちだと思います.

特に癖の強い人って具体的にどんな人ですか?

そこそこお金を稼げていたのに不安定だけど楽しそうだからという理由で転職してきた人とか,一度エンジニアとは全く関係ない職に就いたけどいきなり世界で活躍するエンジニアになりたくて一念発起した人とかかな。自分の中で、「そういう人生もありなんだ」と思わせてくれるような人たちが集まっていて,平凡でいようとする自分にとってはとても刺激のある環境だと感じています。

この他にもユアマイスターで学んだことの話を聞いてみると、プログラミングや開発ツールの使い方に限らず、

  • 知識の定着のため、アウトプットを重要視した行動を取ること
  • タスク管理のため、要素を分解したり定期的にホウレンソウすること
  • 自分で調べてみてわからないこと考えつかないことは、周りに相談してチームで解決すること
  • 開発するサイトを使ってくれる人の目線にこだわることの大切さ

などを経験として得られていると伺いました。

以上、ロンポーでした! 今後も続々と情報発信していく予定ですので乞うご期待です!