ユアマイスター株式会社エンジニアブログ

ユアマイスター株式会社のエンジニアが日々徒然。

Paizaのスキルチェックに挑戦!

paizaのスキルチェックに挑戦!!

こんにちは、ユアマイスター開発インターンの小磯です。今回は、プログラミング言語の応用としてpaizaのスキルチェックに取り組んでみたので、プログラミング初心者の自分にとって壁となった関数を挙げていきます!! (基本中の基本だと思いますが、、、)

fgets

paizaのスキルチェックで初めて知った、fgetsを調べてみました!

fgets — ファイルポインタから 1 行取得する

ファイルポインタって、、、なんだ。ってことで調べました。

  • ファイルポインタ
    • ファイルを現在どこまで読み込んでいるか示すもの
    • 初期状態ではファイルの先頭に位置する

だから一行目からの文字列情報を取得していたんですね、納得です。

explode

fgetsの意味を知ってよし取り掛かるぞ!と思ったら次のような問題に直面しました。

a bに数値が入力される。それぞれ以下の条件で処理せよ、、、

fgetsで持ってきた文字列の数値a,bに処理を加えればいいのか!
、、、どうやって文字列内の別々の数値に処理を加えるんだ。

色々調べていくうちに見つけたのは、explodeです。
explodeは以下のように動作します。

例)a,b = 数値

$string =“a_b";

$numbers = explode(“_“, $string);

$numbersをvar_dumpすると

array{
  [0] =>"a"
  [1] =>"b"
}

これにより、配列として文字列内の情報にインデックスが与えられ、a, bの数値だけを取り出すことができるようになりました!

文字で説明すると以下のようになります。

$結果が代入される変数 = explode(“文字列内の情報を分裂させる文字列”, $対象となる文字列情報)

自分なりの理解ですけど、、

感想

感想としては、paizaのスキルチェックから始める初心者の方は、paizaのプログラミング学習を取り組んでからの方がスムーズに解けるのかなーと感じました。なぜかというと、プログラミング学習内に演習問題があり、その中でfgetsなどが使われていたからです。
上記の関数を理解したので、数値が取れるようになりどんどん進めよう!と思ったのですが、テストケースでいくつか不正解になってしまいました、、、
まだまだなので、これから頑張っていきます!