読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユアマイスター株式会社エンジニアブログ

ユアマイスター株式会社のエンジニアが日々徒然。

ハッカソンに参加してみた!!厳しかった2日間の全貌!?

こんばんは!
ユアマイスター インターンの高梨です!


今回は初めてハッカソンに参加してみたということで、
その戦いの全貌を書いていきたいと思います。


ハッカソンに参加してみたいと思っている方や
興味のあるという方はぜひ参考にしてみてください!
(かなり個人的感想が多いですが、、)


今回のハッカソン概要

今回のハッカソン地震対策」というのをテーマに
全2日間で1つのアプリを開発しようというものでした。


決められたテーマを元に、
決められた期間内で1つのものを開発し、
最後にそのプレゼンテーションの評価を競う
というのがハッカソンみたいですね!


1日目の戦い

さて、では実際に1日目の戦いについて お話していきます。


基本的には、テーマは事前に知らせれているので
それを元に、各チームプラン練ってきた状態
始まるみたいです。
(今回はそんな雰囲気でした。)


ただ、僕のチームは即席のチームのうえ
どんなことをやるのか雰囲気しか知らない感じで
始まったので、
(しかも遅刻により1時間遅れで始まったので、)


まず、ビジネスプランを
しっかり練り込むところからはじめ、
開発が始まったのは昼過ぎごろからでした。
(さらに、この時点でリーダーは帰ってしまったという。。。)


そんな感じで始まったハッカソンですが、 今回は17時辺りに中間プレゼンが始まりました。


最終日のプレゼンテーションの前の
「自分のチームはこんなことをやってます」といった
アピールタイムみたいなもののようです。


僕はてっきりリーダーがプレゼンを
してくれると思っていたのですが、
普通に途中で帰ってしまったので、
結局僕がやることに・・・


もちろんプレゼンの練習をしている時間も なかったので、 アドリブな感じで大変でした笑


気づけばこれが人生初の1人プレゼンだったので、
すごいいい経験でしたね!


1.5日目の戦い

プレゼンが終わった後はピザを食べつつ、
開発をどう進めるかチームで話しました。
(昼はそこそこ美味しい弁当が支給されます。)


結果、僕の仕事は
フロント面の全て


理由としては、 そこにいた4人のうち2人が明日来れず、
また、普段フロントをいじっているのが
僕だけだったからですね。


渡された設計書は
「この4つの機能を使います。」
と箇条書きで書かれた
30文字程度の文字のみ。。。


こんな経緯から、 僕の1.5日目(徹夜)が生まれました。


見た目ができないと、 裏側の機能が何も実装できないですからね。。。


2日目(最終日)の戦い

1.5日目を作り出した僕は
戦いの末どうにかフロントのアプリデザインを
8,9割り型完成させました!!


というわけで、 そこそこ余裕を持って会場に行ったわけですが、
9時開始というのに、
10時、11時、12時とどんどん時間が過ぎても
リーダーが到着せず


その日の作業は基本2人。
(途中で1時間ヒーローのように
助っ人にきてくれたスーパーエンジニアさん?には
とても感謝でしたが。)


「まさかこのまま俺がプレゼンする なんてことないよね?ww」
なんて思いながら、


昼間の相談タイム(名前忘れました。。)のときに
「よく1日でここまでできたね」
なんて褒められたことはよかったのですが
(昨日は何もできてませんでしたからね笑)


そんなこんなで、
最終プレゼン2,3時間前にリーダーがきてくれました!


実はリーダーさんは、デザイナー特化のCEOさんなのですが、
次元の違いにビックリしました!


数分で企業レベルのロゴを作り、
1,2時間で圧倒的なデザインのプレゼン資料を作り上げる。


はっきりいって、
本職の次元の違いに感動さえしましたねw


「これが仕事ですからw」


なんて普通に言ってるのを見ると、
本当に半端なかったです。


「アプリもできたしプレゼン資料も完璧、
あとはリーダーが決めてくれるでしょう!」



と思っていたのですが、
間の相談タイムを聞いてないという理由で、
僕が最終プレゼンをやる羽目になりましたね。。


開発に忙しかったため、
事前のプレゼンの練習時間は0。


他の人がプレゼンをしている最中に
リーダーに教えてもらいながら練習してました。
(ホント最後までギリギリ)


結果から言うと、
賞は取れませんでした。。。


僕の実力不足です。。。


案外緊張はしなかったのですが、
単純にプレゼン力がまだまだだった。


リーダーがやっていれば
普通に賞取って20万持って帰れたんだろうなと思うと
悔しい結果です。


とはいえ、2回もプレゼンを
経験させてもらったことには本当に感謝です。


一般の方々に加え、
経営者が並ぶ前で、
壇上に立ってプレゼンをする機会なんて
なかなかありませんからね。


賞金取れなかったのは
本当に申し訳なかったです。


ただ、経験積ませてもらったことは
本当に感謝しています。



あとは、経験を積んでいけば
上手くなると思うので、
これからも機会を作っていきたいと思います!


まとめ

今回は残念でしたが、
どうやらまた参加するらしいです。


しかも、次はガチで優勝狙うとのことなので、
これは楽しみですね。
(というか、僕はまた誘ってもらえるのだろうか?)


何はともあれ、
今回この2日間だけで
色々経験させていただきました。


ここまで長くなりましたが、
ご覧いただきありがとうございました!


下にハッカソンの情報についての
リンクを貼っておきますので、
興味のある方はぜひ見てみてください!


https://www.doorkeeper.jp/events/hackathon