ユアマイスター株式会社エンジニアブログ

ユアマイスター株式会社のエンジニアが日々徒然。

レンダ(render)ーって便利だー

みなさんこんばんわ。桜が散り、これから緑深くなる季節の前触れかのように気温が急に上がり始めましたね。 だからってまだ朝方は少し寒いみたいで、掛け布団なしで寝たら風邪を引いたエンジニアインターン生の竹本です。 さて、最近の株式会社ユアマイスターでは、春になりインターン生として活動してる大学生たち(自分も)が前期の授業が始まったため人数が減るかなと思いきや、、、授業が終わった後にオフィスにきて懸命に作業して行く学生だらけです。
熱があるって素敵ですね。

最近のあれこれ

先週からMVCのすべての部分を使って一つの機能を作ってます。ページ数で言うと4ページっていう少なさなんですがmodel定義をしたことなかった僕にとっては時間はかかるけど勉強になるタスクです。 今回はその中でも便利だと思ったcakePHPのrender関数について書いていきたいと思います。

render関数って何?

webサイトを作って行くにあたって、同じ画面構成にしたいけど入力する値を変えたいとかってありますよね。要するにページの複製です。 そんな時に新しいファイルを作り、カチカチとコードを書くのもありですが、、せっかくなら作業時間を減らしたいですし、同じようなコードを別ファイルに書くと後で改修したい時などに、修正し忘れてエラーになる原因にもなります。render関数はそんな複製にも便利!&機能改修の時にもミスを防げるのでぜひ使って見てください。

render関数の使い方

render関数の使い方はいたって簡単です。controllerのメソッド内で

class xxxController extends AppController{
    function yyy(){
        /*実行したい操作*/
       
       $this->render('ファイル名');
    }
}

ここで注意していただきたいのが「ファイル名」の書き方です。ファイルの前に/があるかないかにも依りますが基本的に今いるコントローラーメソッドからの相対パスと考えていいのではないしょうか。 あえて明言は伏せますが、気になった方は下記のURLでご確認を。 また来週お目にかかりましょう!以上竹本でした!

コントローラ