ユアマイスター株式会社エンジニアブログ

ユアマイスター株式会社のエンジニアが日々徒然。

mixpanel ベストプラクティス

日曜も働くよ!エンジニア兼マーケターの日高です! 古い記事になるんですがmixpanelのベストプラクティスについての記事を掘り起こしてきました!

・開発用のデータと、本番のデータは分けよう はい、まさにその通りです。 わたくし、ごっちゃにしておりました。 そして、ドメインでテスト環境と本番環境のデータをフィルタリングして表示してました。

言われてみれば、本番とテスト環境でプロジェクトを分けて、環境ごとに違うものを読み込めばいいわけです。 反省反省。

・WebインテグレーションにはJavascriptをおすすめします webアプリケーションのトラッキングには、フロントサイドとサーバーサイドの2つの方法があり、 前者用にはjavascriptライブラリ、後者用にはphp, ruby, pythonライブラリが用意されています。 場合によっては、後者を使った方がいいことはあるものの機能的に制限があるので 公式にはjavascriptライブラリの利用を勧めているようです。 確かに昨今の動きが多いwebアプリは、フロントサイドでないと取りにくいイベントが多いので そういうことなんでしょう。

・1つのプロジェクトにデータを送信する webアプリだけでなく,iOSandroidアプリがある場合には、データを統合するために、 mixpanel上の1つのプロジェクトに対してデータを送信すべきとのこと。 ただし、ユーザーが取った基本的なアクションが、同じイベント名のセットで記述できるほど類似している場合(プロパティは異なる可能性がある)にのみ推奨されます。

以上、日高でした!

引用: https://blog.mixpanel.com/2012/09/12/best-practices-updated/