読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユアマイスター株式会社エンジニアブログ

ユアマイスター株式会社のエンジニアが日々徒然。

まだ見ぬ君へ。

こんにちは。ユアマイスターの星です。

なんのきなしに、Googleで「エンジニア憲章」を検索してみたら、10位になってました。

競合が少ないページだと一気に上まで行けるんですね。

yourmystar-engineer.hatenablog.jp

さて、本来であれば技術的なことを書きたいところですが、それは各エンジニアに任せることにして僕はもっと柔らかい話を書いておこうと思います。

インターンで働く意味

ユアマイスターではインターとして25名以上の在籍があります。

もちろん本業となる学校や部活動などと両立をしないといけないのでフルタイムでのコミットはなかなか難しいのですが、その状況下でも大切な学生時代をユアマイスターでの経験にかけてくれている人は大勢います。

僕自身も新卒で入社した楽天には大学三年生のときに短期インターンを経験して会社のことを理解した上で就職を決めたので、やりたいことに近いかどうかの確認には役立ったと思っています。

※当時、楽天では1週間でプロデューサー業務(開発の企画、要件定義に近い)を「体験」するというものでした。

しかし、僕のやったインターンと、ユアマイスターのインターンでは違いが多くあると感じていますのでそこを少し深堀してみます。

最初の問いかけ

インターンの面談が入ると開発経験やこれまでどんな人生を過ごしてきたかという質問をして、数十分も話せばだいたいのひととなりは把握することができます。

その上で僕が必ず聞いておきたいと思っている質問としては、

「将来の夢はなんですか?」

ということです。

とはいえ学生時代に夢が固まっている人なんて実際ほとんどいないと思いますし、それが絶対条件というわけではありません。

ここで必ずしも夢を聞きたいというのが目的ではなくて、夢が見つかっていないということを自覚していてそれを見つけたいと思っているか、それに対してアクションを自発的に行っているかというのが聞きたいところです。

ある意味真っ白なキャンパスの状態である学生時代に人に言われずとも、自分の状態に課題を感じ、何かしらアクションをとるという決断ができること。

それはすばらしい素養だと考えているからです。

会社にはいると最初は言われたことを忠実に最速でこなせることが第一段階となり、少しずつ大きな責任の重い仕事が任されるようになります。

そのときに、自分から課題を見つけアクションをとる、そして最速で改善する。そのサイクルを自然に始めようとしている段階でインターンとして是非一緒に働いてみたいと感じるわけです。

インターンと振り返り面談

そんな面談を経てユアマイスターにジョインしてもらったインターンには、各チームのリーダーと定期的に振り返り面談というのを行います。

規定のフォーマットに、頑張ったこと、頑張れなかったこと、応援した人、応援された人、など振り返りを記入してもらい、最後に次タームの目標をせっていするというものです。

メンバーも増えていくなかで、各メンバーの感じている課題や成長のためのサポートをリーダーと話し合い、認識を擦り合わせるためのものではありますが

担当領域の仕事に関する個別具体的な相談から、就職活動についての相談、プライベートな悩み相談まで話題は多岐にわたります。

そのなかで印象的だったのはユアマイスターのインターンは総じて矢印が自分に向かっているということです。

なにか上手くいかなくなったときに、他人や環境のせいにして投げやりになる人はたくさんいます。

しかし、ユアマイスターのインターンは、

「どうやったら上手くいくのか」

「どうやったら成長できるのか」

「どうやったら結果が出せるのか」

にフォーカスするとき、必ず自分から変えるものという意識が働いてるといろんな人と話すなかで感じました。

そのときに僕は過去の経験から、

・なにが制約事項なのか ・タスクの洗い出しをしてあるのか ・優先順位が決まっているのか ・デッドラインはどこなのか

など一般的なプロジェクトマネージメントに沿ったアドバイスをするようにしています。

インターンと社員で違うとすれば、その経験値や効率的な進め方の部分だと思うので、少しでもインターンのみなさんの成長に繋がればと思いこっちも必死なわけです。

一連の会話をしていると不思議と「なぜユアマイスターでインターンをしているのか」に対しては課題を感じることはなく、その先の「どうやって」と「何を」という相談が多いので、マインドセットが揃った状態でインターンをしていることが実感できました。

必ずしも最短経路だけを選べるわけではない毎日ですが、ユアマイスターには創業メンバーにいろんな経験を経てきている社員がいるので、成長へのコンパスはしっかり持っている自信があります。

自分でもそのコンパスを手にいれたいと一歩踏み出したインターンが集まっているので、結果的に自分がどう変わるのかを日々考え戦う仲間がユアマイスターにはたくさんいます。

まだ見ぬ君へ。

ユアマイスターではインターンを積極的に募集しています。

ユアマイスターに少しでも興味が湧いたら是非遊びに来てください。

ここに書かれたことが本当かどうか確かめに来てください。

30分で実感してもらえる自信があります。

01intern.com